So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

NHK「ブラタモリ」案内人で出演された本田美和子さんと歩く『白島歴史さんぽ』 [お店のこと]

5月5日(土)
快晴のイベント日和となった子供の日。
白島ガイドマップ「白島地図。」完成記念???
白島をもっと身近に関心を持っていただける入口になればと今回の白島地図のマップ面に歴史を小咄として掲載していますが今回のイベントでは掲載以外の白島の歴史を紹介しながら歩く白島歴史さんぽです。
一緒にさんぽして頂くのは、NHK「ブラタモリ」案内人で出演された本田美和子さん。
告知も近々でどなたがご覧になっているのやら?のうす~い当店のSNSでの告知。
白島地図賛同店さんにPOPと数枚のチラシを直前に配って歩きましたが人が集まって頂けるのかどうかとても心配していました。
募集開始から嬉しいことに3日間で20名の募集定員に達しました。

気持ちの良い新緑の中、イベント前に氏神様の碇神社へ。
太陽が射しこんでいて今日の安全と楽しいイベントになることを祈願しました。
IMG_4422.jpg

私にとっても初の屋外歩くイベントで広島郷土資料館の本田さんに色々とご指導いただきまして当日を迎えました。
初めての事ですがこれまた色々と勉強になりました。

集合場所となったのは白島稲荷神社。
DSC_1585 (1).jpg
皆さんご存知でしたか?
私は知りませんでした(笑)。
今回、白島地図を製作するにあたりグーグルマップの閲覧をものすごくした私です。
上空からストリートビューから何からもうそれはそれは見ました(笑)。
その時に初めて白島稲荷神社の存在をしりましたが今回初めて中まで入りました。
白島稲荷パーク?入口付近には石のテーブルと椅子があり、庭園になっています。
IMG_4426.jpg
IMG_4425.jpg

奥に入っていくと朱の鳥居がありました。抜けていくと狛犬さまがおられます。
IMG_4427.jpg
IMG_4428.jpg
不動明王を祀り、多くの戦没者の供養と地域の人々の幸福と安全を祈願した神社のようです。
当日も清掃されている方がおられましたがとても綺麗にされている神社でした。

IMG_4431.jpg


今回歩く地点を掲載してみますね。
私が付け加えてた文章が間違っていたらすみません。
白島フィールドワーク1.jpg

1. 羽子板堀
現在はファミリーレストランのココスがある辺り。
明治時代以降、広島城内が全域軍用地になってからは、弾薬庫(被爆時には第5師団兵器部弾薬庫)が設けられていました。 この場所の北側には本川から城の堀に水を引き入れる役割を果たしていた「羽子板堀」が ありました。 羽子板の形のようであった為、この名が付いたそうです。
IMG_4433.jpg

2.材木場
現在のマクドナルドの駐車場辺り。
江戸時代、この場所には広島藩の「材木場(運上場)」が設けられていました。この対岸の 楠木村の一角(現在の西区楠木一丁目・横川町1)には藩の木蔵があり、一帯は木材の集散場になっていました。 江戸時代初頭から板・材木はほぼ完全な藩の専売制となっており、請け負った村が藩有林 からの伐採・輸送を行っていました。調達された材木類は太田川の水運によってこの西白島 の材木場に集められ、ここで極印を押した上で藩の材木蔵などに納められたり、商人に払い 下げられたりしました。この材木場の東側、洞門寺あたりまでが当時の西白島町で、この町 には木材関係の商人が多く集まっていました。
IMG_4434.jpg

3.広島城北東隅の櫓台
城北駅北交差点よりやや南側で平成5年(1993)に発掘調査が行われ、広島城北東隅の櫓台が出土しました。
白島フィールドワーク3.jpg
白島フィールドワークレジュメ-4.jpg
現在マンションが建っていますが櫓の土台になっていた石が除去出来ないほどの数だった為、杭を打つ地点以外にはこの櫓台の石がそのまま埋められているそうです。

4.広島城北の丸
白島小学校と基町高等学校の間を南北に通る道の中間地点ぐらいで、城の北側外堀が屈曲し ていました(地図参照)。この北側外堀の内側は北の丸と呼ばれ、江戸時代には侍屋敷が 建ち並んでいました。幕末ごろには現在の基町高等学校付近に、広島藩の練兵場「松原講武所」 が設けられています。明治4年(1871)には広島城内全域が陸軍用地になり、当地は歩兵 第71連隊や陸軍幼年学校などの用地になりました。
戦後に白島小学校(昭和23年)・基町高等学校(昭和22年)が移転し、現在に至っていま す。なお、平成9年(1997)に基町高等学校グランドで発掘調査が行われ、侍屋敷の遺構 や生活道具などが出土しました。

IMG_4439.jpg

白島小学校と基町高等学校の間でのお話の様子。
IMG_4442.jpg

櫓が建っていたと推測される所にあるマンホール。
IMG_4574[1].jpg


5.北側外堀は明治時代に埋め立てられ、屈曲したそのままの形で宅地になりました。外堀の北側 には堀に沿う形で道があり、その道に面して家が立ち並びました。現在、この屈曲した道路は 無くなっていますが、昔の道路の角度に影響されて建っている家が数軒残っています(現在の道に並行でない)。
白島フィールドワーク5.jpg

私も前日にコースを辿ってみましたが発見しました!
ひとりでへーへーへー!と心の中で叫びました。
ここは何度か通った事ある道だったけれど全く気づきませんでした。
道に平行に建ってないでしょ???
本田さんもおっしゃっていましたが出来ればこのまま残しておいて頂きたい歴史の足跡ですね。
IMG_4546[1].jpg


6.広島技芸女学校(安田技芸女学校)跡
大正6年(1917) 各種学校令による広島技芸女学校が広島城の北側外堀の埋め立て地(現在 の白島小学校の北側)に移転しました。この学校は同7年(1918)4月から大正9年(1920)4 月までは「安田技芸女学校」となり、その後元の名前に復帰。昭和2年(1927)8月には広島高 等家政女学校と改称し、昭和 20 年(1945)3月まで存続しました。 なお、同じ団体が大正7年(1918)に実業学校令による広島技芸女学校を同じ場所に開設しま したが、これが現在の安田女子中学校・高等学校(中区白島北町 1 番 41 号)の前身です。

移転しました当店の前が現在の安田学園の正門となります。
何だかこの歴史を聞いたことで学校には一切通ってはいないけれど何だか思い入れが強くなったように感じます。

7.旧白島小学校地
明治6年(1873)に知心舎として万行寺に創設された学校が白島小学校の前身です。同 35年(1902)4月18日に現広島銀行白島支店・NTT クレド白島ビルの位置において、 白島尋常小学校として独立開校式を行いました。昭和20年(1945)の被爆後、現在地に 仮校舎を建設、同23年(1947)に正式に移転しました。 この辺りは江戸時代には中・下級クラスの侍の屋敷地でした。明治維新後、城内やその周辺 の侍屋敷が取り壊されていったのに対して、将校の家として利用され、閑静な住宅街になっていました。

IMG_4462 (3).jpg

クレドビル前でのお話されいてる様子です。
IMG_4454.jpg
IMG_4458 (2).jpg

城北通り沿いの広島銀行へ上がる階段下に石碑がありますのでお近くに来られた際はチェックしてみてくださいね。
IMG_4460.jpg
IMG_4456 (1).jpg


8.万行寺・円光寺と東白島町
万行寺・円光寺・妙風寺がある一帯が江戸時代の東白島町域です。妙風寺は町の東端にあり、 当時は京橋川に面していました。東白島には紺屋が多く、三軒紺屋と呼ばれる地域(東白島町 23番ブロック)もありました。

三軒紺屋は現在のカフェ福寿草さんからお手紙雑貨つばめゆうびんさん辺りのようですよ。
色々と想像してみると楽しいですね。ホワホワワホワワワ~
IMG_4470.jpg
IMG_4480.jpg
DSC_1609.jpg

9.広島逓信病院内の被爆建物
この病院が建設されたのは旧城内で、昭和10年(1935)年のことででした。当時は広 島逓信診療所と呼ばれており、昭和17年(1942)に広島逓信病院と改称しました。 大きな窓が特長的なモダンな建物でしたが、被爆の時にはガラスは吹き飛び、窓枠も飴のよ うに曲がってしまいました。しかし倒壊は免れ、火災が発生したものの、職員の懸命な消火活 動によって1階と薬剤保管庫があった地階は類焼を免れました。爆心地から2キロ以内で倒壊 しなかった病院は日赤病院と逓信病院のみであり、当時の医療活動と被爆の調査に対して大き な役割を果たしました。現在は南棟のみが残され、一部が資料展示室になっています。
IMG_4496.jpg
IMG_4500.jpg


私も日々何とはなしに白島の中を自転車で走っていたり、歩いていたりしていますが当たり前ですが全ての場所や人に歴史の積み重ねがあり現在に繋がっていることを改めて感じさせて頂けた白島歴史さんぽイベントでした。
私は今回のイベントスタッフとして参加しておりましたので本田さんの貴重なお話を全てお聞きすることは叶いませんでしたが耳をダンボにして合間合間で聞き耳を立てておりましたよ。

少し予定より早く最終地点に到着したので本田さんが急遽色々とお話もプラスしてご説明下さったり、質問にもお答え下さいました。
さすがです!!!
その中で意外に思ったのは広島城では一度も戦がなかったことという下りでした。
そんなこと有りなんですか???って感じでした(笑)。
後日そのことを本田さんに尋ねましたところ、戦が無かった近世城郭ってけっこうあるそうです。大阪城とか会津若松城とかボコボコにされた城の方が珍しいらしいとのこと。
私・・・歴女になろうかしら???( *´艸`)

最後に皆さんで記念撮影!
test3.jpg
test2.jpg

今回のイベントを楽しんで頂けたのか?どうだったのか?とても心配していましたが皆さんのこの笑顔にOKと勝手にまとめさせて頂きました。
次回の開催もその場でもリクエスト頂き、お店に戻ってからもお礼のメールやSNSへの楽しかったとの書き込みなどを頂きまして安堵した私でした。

中々白島と言う街に来られる機会が無い方も多いとは思います。
私も正直お店を始める前は車で通りすぎる街でした(笑)。
でもお店を構えてみて少し前のブログにも書いていますが白島での日々を過ごす間に私にとって愛着の湧く、人の温かさを感じる居心地の良い街となりました。

今回、白島地図を製作するにあたり白島に昔からお住いの方たちに様々な白島のお話を聞く機会に恵まれました。そんな遠くない過去に今とは違う白島の街があちらこちらに存在したことを聞くたびに想像の風景が頭の中に浮かんでいました。

繁華街のような賑やかさがないぶん落ち着いた街並みとこだわりを持ったお店も点在しています。
わざわざ行く街とのお声もお聞きしますが八丁堀からも市電で5分。
アストラムラインもJRの新駅も出来て広島駅からも一駅です。
紙屋町辺りの中心部からもアストラムラインですぐです。
自転車に乗られる方なら街中からでも10分位で到着出来ます。
私も袋町にお店があった頃は駐車場を白島に借りていたので自転車通勤でした。
歩いて白島まで帰ったりしたことも多々ありますよ。

白島はちょっと面白い街だと感じるきっかけになって頂けると嬉しいです。
次回はまた秋頃に白島歴史さんぽ第2弾が開催が出来るように頑張りたいと思います。
また楽しく妄想と想像の中で歩く豊かな白島歴史さんぽになればと思います。
又その時はご参加お待ちしています!

ご参加下さった皆様、広島市郷土資料館・学芸員の本田美和子さん、ありがとうございました。
IMG_4510.jpg
DSC_1618.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

「出張No89 in 江田島海友舎+向側公園  2018・春 ~つながる・ひろがる2日間~」 [お店のこと]

4月21日(土)
想い出ブログにお付き合いください。
又もや少し前のことを後で想い出として回想記録のように見る私用です。

お知らせはしていましたが2年ぶりに開催されたNo89さん主催のイベント。
「出張No89 in 江田島海友舎+向側公園  2018・春 ~つながる・ひろがる2日間~」
お天気も良くて早起きもなんのそのでした。
何年か前に同イベントに出店させて頂いた時に私は設営がスゴク苦手で時間が掛かるので早い船で行ったのですが早すぎ???の雰囲気で(笑)、今回は1本遅い船に乗ったわけですが誰も出展者さんらしき姿無しで・・・ちょっぴり不安になりました。
IMG_3897.jpg

今回何だかいつもより荷物が多くてバスの中で邪魔に位に場所を取っていた私でした。
海友舎さんすぐそばに出来たコンビニに寄ると出展者さんのお顔もチラホラ。
私の大荷物の見かねて持って行って下さいました。
正直助かりました。(笑)
海友舎さんの入口って門から素敵でついつい立ち止まって見上げてしまいます。
素敵でしょ?ね?
IMG_3906.jpg
IMG_3907.jpg
ボケーっと見とれていると又もや私のコロコロスーツケースを運んで下さる優しい方が。
結局手ぶらで2階へ。皆さんありがとう( ;∀;)

今回は2階の畳のお部屋に出店でした。お初です。
IMG_3924.jpg
IMG_3914.jpg

同室はイケポチャーズのお二人でした。
今回は何故か荷物が多かった割に???準備は時間前に完了。不思議・・・。

畳のお部屋だったのもあるかもですが何だかお天気が良くてウトウトしちゃいそうな雰囲気の中での出店でした。←寝てませんが(笑)
でもきっとお昼寝にはイイ環境ですよ今の季節はね。
IMG_3922.jpg

早々に同室のイケボチャーズさんのワークショップ「てのひら海友舎」を来場者さんよりも先に一番にやらせて頂きました。
色塗りもありでしたが私は白い洋館のイメージそのままにそのままで。
IMG_3932.jpg
IMG_3933.jpg
IMG_3931.jpg
お店に連れて帰っていますので探してみてくださいね。
密かにイケポチャーズのお二人のキャラと空気感にファンになってしまいました。

お昼ごはんは私の地元でもある可部の「おしはとこむぎ」さんのキーマカレーを頂きました。
IMG_3938.jpg
カレーは勿論この添えてある野菜もスゴク美味しかった!
ごちそうさまでした。

一人出店なのでホボ回れてはいませんが様々な出店者さんで魅力的なイベントになっていましたよ。

屋久島からの出店にビックリでしたがタンカンジュースをよばれました。
IMG_3943.jpg
色んな縁が繋がったno89さんのイベントのようです。
お久しぶりにお会いできたお客様や出展者の方々。
とてもうれしいイベントとなりました。
主催の松原さんはじめイベントに関わられた皆様、ありがとうございました。
IMG_3939.jpg

最後は港まで送って頂き、感謝感激。
港でアイス食べる余裕の私でした。

イベントの様子は「no89」さんのこちらのページをご覧くださいね。
https://www.facebook.com/shucchouno89/

110年以上は経過している海友舎の建物も魅力的なので是非ご興味のある方はこの建物を愛しながら管理運営されている「ぐるぐる海友舎プロジェクト」のHPをご覧ください。
開館日やイベントや活動の様子がご覧いただけます。
https://www.kaiyousya.com/



nice!(0)  コメント(0) 

NHK「ブラタモリ」案内人で出演された本田美和子さんと歩く『白島歴史さんぽ』 [お店のこと]

4月24日(火)
白島ガイドマップ「白島地図。」の配布が始まって約2カ月。
皆さんお手に取って頂けていますでしょうか?
そんな白島地図の完成記念?とまでは行きませんがイベントをします。
本日の午後からお申し込みはスタートしました。
ブログが後になりましたがご興味ある方は是非お申込みお待ちしています。

少し前のブログにも書いていますが今回の白島地図。には白島の歴史を小咄として掲載しています。
勿論皆さんが知っていることもあるでしょうけれど知らなかった白島の歴史もきっとあるはずです。
この白島の歴史について教えて頂いたり、お話を聞かせて頂いたのが広島市郷土資料館の学芸員の本田美和子さんです。
タイトルにもこれぞと言わんばかりに入れましたがNHKのブラタモリで案内役をされた女性の方です。番組をご覧になった方もいらっしゃると思います。
ブラタモリならではの奥深い内容をとても分かりやすくお話されていて、私は勝手にいつかお会いしてみたいなぁと思っていました。
念ずれば叶う事もあるのですね(笑)。

資料館でお話した時も今回のイベントのやりとりもとても丁寧にかつ面白くて(私の勝手な解釈かな?)、ますますイベントを私が一番心待ちにしているかもしれませんね。
今回は白島地図には出ていない白島の歴史をお話頂けるようです。
人にも街にも歴史の積み重ねで今があるわけですがそれを少し知るだけでも想像力を膨らませることが出来たりして、この場所はその昔こんな風なことがあったのかと歴女ではなくとも、その町への愛着が湧くのではないかと感じています。
中々白島と言う街に足を運ぶ機会が無い方も実は白島が気になっていた言う方も皆さんでそぞろ歩きしながらゴールデンウィークに楽しいひと時を過ごしてみませんか?
お申込みお待ちしていますね。

■NHK「ブラタモリ」案内人で出演された本田美和子さんと歩く『白島歴史さんぽ』
日々何気なく歩いている場所にも実は歴史あり。
白島エリア24店舗の紹介と地図に歴史もプラスした白島ガイドマップ「白島地図。」
掲載以外の白島の歴史をさらに広島市郷土資料館・学芸員の本田美和子さんをお迎えして 一緒に白島の歴史をさんぽしながらひもといていきます。

開催日時:平成30年5月5日(土)10時~11時30分
講師:本田美和子さん(広島市郷土資料館学芸員)
参加料 :無料 ※レクリエーション保険に加入要(50円)
参加対象:高校生以上 ※2キロ程度歩きます。
定員:先着20名
申込:平成30年4月24日(火)13時から受付開始       
参加ご希望の方は下記メールアドレスかFAXにて下記項目を記載の上、お申込みください。
①氏名 ②電話番号(連絡が取れやすい番号)   
※お電話でのお申込みは受付体制がございませんのでご遠慮ください。       
※受信指定やパソコンからのメール受信拒否設定を解除の上、お申込みをお願い致します。    
E-mail : minet@wb4.so-net.ne.jp
FAX : 082-554-1535
【お問合せ】

白島地図製作委員会(Minette ミネット内)
〒730-0002 広島市中区白島中町2-19
TEL&FAX:082-554-1535 ※水曜定休
※店舗電話となり、接客中の場合は電話に出られない場合もございます。 E:mail:minet@wb4.so-net.ne.jp
http://minette72.net/

白島歴史さんぽpop.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「出張No89イベント出店」と「IRIIRIさんのワークショップのお知らせ」 [お店のこと]

4月16日(月)
ブログを又もや放置状態でしたが・・・。
今週末となりましたが江田島の海友舎さんで行われるイベントにお出かけします!
海友舎リーフレット.jpg

■「出張No89 in 江田島海友舎+向側公園  2018・春 ~つながる・ひろがる2日間~」

4月21日(土)22日(日)の2日間の開催。
※ミネットは4月21日(土)のみの出店となります。
※白島のお店は21日はお休みです。

2016年10月に行われたmtイベント以来にお邪魔する江田島の海友舎さん。
様々な出店者さんにお会いするのも楽しみですが海友舎さんの建物を見るのも毎回楽しみの一つです。
江田島ってもっと遠いところと私も以前は錯覚していましたが広島からだと宇品港から高速船で小用港まで20分で到着してしまいます。
海友舎さんは小用港からバスで術科学校前まで5分、そこから徒歩で3分くらいです。
案外とすっと行けますね。私も最初に行ったときはビックリでした。
良い気候の頃なのでちょっとした旅気分でぜひお越しください。
江田島内には大仏様もおらるようですよ。
築110年の木造の白い洋館でお待ちしています。

詳しくはこちらをご覧ください。
出店者情報やライブ情報などご覧いただけます。
https://www.facebook.com/shucchouno89/


■IRIIRIさんのワークショップ・ネコのサコッシュ

サコッシュ.jpg

残席1名となりましたが。。。
昨年の10月に続き広島では2回目の開催となりました。
前回はミネット家のはなさんのにんぎょうを作りました。

今回はお使い頂けるものが良いかなぁと思いiriiriさんと相談させて頂いてサコッシュを作ることになりましたよ。

iriiriさんを囲んで楽しくおしゃべりしながら(手は動かしてください(笑))サコッシュを完成させましょう。
そしてご自身で作られたそのサコッシュでお出かけしてみてください。
きっと待ちゆく人の注目の的に・・・なるかもしれません。
世界でたったひとつのネコのサコッシュです!
私も下で作りながらお店番をしたいと思っています。←前回もそう思っていたけれど

にんぎょう作家のIRIIRI(イリイリ)さんと一緒にネコのコラージュを施したフラットタイプのポシェット(サコッシュ)をつくります。
本体はこちらで制作したものをお渡しします。
ネコのアップリケをお好みに配置してハギレやボタン、レースなどを組み合わせて縫い止めていきます。
最後に裏地をつけて仕上げましょう。
初心者の方も縫い物苦手な方も工作気分で!
ご参加お待ちしています!

『ネコのサコッシュ』
日時:2018年5月13日(日)
時間:13:00-17:00
参加費:6,480円(税込 )お茶とお菓子付
定員:12名様(先着順とさせて頂きます)
※残席1名
☆お持ちの方は糸切りバサミをご持参ください。

■ご予約
IRI IRI ワークショップ申し込みとご記入の上、氏名・携帯番号・メールアドレス・参加人数をお知らせください。
minet@wb4.so-net.ne.jp
店頭でも受付ています。
※インスタグラムのメッセージは申し訳ございませんが気づかない事が過去に多々ありまして [あせあせ(飛び散る汗)]行き違いの無い様にしたいのでお手数ですがメールにてお申込みよろしくお願いいたします。


nice!(0)  コメント(0) 

白島ガイドマップ「白島地図。」 [お店のこと]

3月6日(火)
やっと完成!と言った感の白島ガイドマップ「白島地図。」。
先週の土曜日より、各賛同店さん等で配布がスタートしました。
受け取って下さった方もいらっしゃるでしょうか?
IMG_1578.JPG
IMG_1604.JPG
IMG_1607.JPG

遡ること昨年の春位から製作委員会を立上げてスタートしていました。
10ヵ月も掛かるとは正直後でビックリ・・・。

2016年10月に私のお店が白島に戻ったころから、ぼんやりと白島のマップを作りたいなと言う妄想が膨らんでいました。
何で私が袋町と言う街中から白島に移転したのだろうかと疑問に思われている方も中にはいらしたのではないでしょうか?
2008年9月に白島通り沿いの5坪あるかないかの狭小店舗でミネットはオープンしました。
会社員しかやったことない私がヒョイと始めてしまったお店。
白島と言う街には何の縁もなく(後で考えればそれが縁?)オープンしたわけですがいざ日々を過ごしてみると街に近いのに静かで落ち着いた街並み。
猫もいっぱいいて家猫と自由猫たちが日向ぼっこしている良い感じ。
古くから住んでいらっしゃる家が多いのか?私的に好みのお気に入りのお家があること。
お店をオープンして楽しいけれど何が何やら分らぬまま日が過ぎていく中、近隣のお店の方やご近所の住民の皆さんがこんな小さなお店で値段も低いモノ売ってるけど大丈夫なんかな???とご心配頂いていたのか?
事あるごとに「ちゃんとやっとる?」「もう慣れた?」「頑張っとるね。」などと人生の先輩方々が声をかけて下さっていました。
勿論お客様たちもです。
最初のお店は3年半弱でしたが私にとっての白島は街の人が優しくあたたかいこと。
そんな見守り隊の皆さんに見守られながら、私はお店を続けていたのだと思います。
自分としては思いもよらぬ事が起こり、あの愛着のあった小さなお店を引っ越さなくてはならなくなりました。
白島から袋町への移転。

袋町での4年半は又白島とは違う人とのつながりや経験をさせて頂いた実のある日々でした。
だだ段々と白島が恋しくなる日々でもありました。
でも最低でも3年はここで頑張って街中の経験値を積んでみようと思いました。
ふつふつと白島に戻りたいと思い始めて、移転の一年前くらいから物件探しをうっすらと始めました。
何軒か物件は見たのですがこれこそ縁なのか私には契約まで至りませんでした。
今の店舗はノーマークエリアだったのですがすんなり決まりました。
沢山の方にご協力頂いて手作りの白島のお店が完成したのですがやっと白島に戻ったことで更に白島が好きだなぁと言う事に気づかされた日々でした。

何か私に出来ることはないだろうか?
今年の秋で当店は10年を迎えさせて頂きます。(迎えられたらの話です(笑))
白島と言う街に大きな恩返しは出来ないけれど、何か出来ることをしてみたいなぁと思って始めたのが白島のマップ製作でした。
勿論、私一人では出来ないことであり、協力して下さる方たちと今回製作委員会を作り、マップ作りは始まりました。

最初に取り掛かったのはこのマップを作るための賛同店さんを募る事でした。
私が発起人であり、全額製作費用を出せれば良かったのですが何せ当店がそんな大金を出せるわけもなく、賛同店さんの皆さんと費用を折半することで完成するマップでした。
私は特に営業経験があるわけでもなく、ただこの企画に気持ちを寄せて下さる店舗さんに賛同店になって頂けるとうれしいと思い、飛込みで白島の店舗さんを回り始めました。
勿論すべての店舗さんに賛同店になって頂けるとも思っていなかったし、それは店主さんそれぞれの考え方がおありなのだと思っていたので逆に断られて当たり前精神で伺っていたのですが思っていたより賛同下さる店舗さんも多く、更に私のようなヒヨッコ店舗ではなく、何十年も白島でご商売をされているお店の方のお話を沢山聞かせて頂く機会に恵まれて私は胸熱くなる経験をしました。
体中の細胞がシュワシュワと活性化するようなイメージ?体内細胞はきっと若返りを見せたと思っています。
本当に涙が出そうなお話や商売に対するプロの姿勢などこれだけで一冊本が書けますよ私。
お店をしていると同じ白島にいても中々お会いする機会もないのが現状だったりします。
でも今回の賛同店さんを募るに辺り、白島のお店でありながら初めて伺う事も出来て良かったです。
襟を正せねばと思うお話も聞かせて頂きました。
当初の目標店舗には正直私の力不足で若干満たなかったのですがデザイナーの方に調整いただくことで製作をスタートすることが出来ました。

途中で私が白島の歴史を入れたいとか言い出しまして、何か資料を見つけたいと思った時に一年ちょっと前位にNHKのブラタモリで宇品の辺り他を案内された広島市郷土資料館の学芸員さんのことを思い出し、早速郷土資料館にお電話しまして現状を報告し、何か白島の歴史が書かれている本やそちらに伺うとお話お聞かせいただけたりしますか?
とお尋ねしたところ、資料になる本があるとのことで早速アポを取り伺うことに。
定休日の日に伺ったのですが当初お電話で資料館の電話に出られた方のお名前がブラタモリに出られた方のお名前の気がしてすぐに検索。間違いなくその学芸員さんだった為、定休日だし、朝はゆっくりしてから午後から伺おうと思っていたのですが学芸員さんが午後からは外出されるとのことだったので朝一で宇品まで車を走らせることに。
ミーハー魂ここでも炸裂!
ブラタモリを見てから、その学芸員さんにとても会いたかった私。
資料をコピーしていただいてお話することも出来たので全然関係ない質問したりして(笑)。
でも一番共感できたのはすごく有名なことを調べて行くよりは、小さなあまり知られていないような街の歴史などを調べて知っていくのが面白いと言うようなお話をお聞きしたこと。他にも興味深い広島の街の歴史も!そう言った視点でいつも歩いている広島市内を見てみるとスゴク面白いと感じました。
私もなんですよ・・・あまり着眼されない端っこの方と言うかそう言うのを見つけるのが私も好きだから。
頂いた資料から掲載する歴史をピックアップして文章も全部は掲載できない為、まとめたりしてそのこちらで作った文章と地図上に配置する位置に間違いがないかどうかを広島市郷土資料館のその学芸員さんに添削をお願いしました。
その際、当店のレターセットとマスキングテープを使って郵送したのですが後日添削された資料と共にお手紙がありまして、その封筒には猫のマステが貼られておりムムム!と思った私。
当店のマステとレターセットを見て思い出して下さったと書かれてありました。袋町の店舗にご来店頂いていたようでした。ビックリ!
で後日談となりますがそれがきっかけで広島郷土資料館に当店のオリジナルマスキングテープとレターセットをお取り扱い頂けることになり、また嬉しいご縁を頂くこととなりました。

今回の白島小咄と言う名の歴史を盛り込んだマップですがひとつだけ新ネタを入れました。
マップを見られた方しかちょっと分からないのですが「白島指薬」です。
何か聞いただけで何なんだろうとってワクワクしますよね?
最初の白島通り沿いにあった当店ですがその頃に「白島指薬」のお話を聞かせて頂いていたのです。その薬の販売所の息子さんのお嫁さんがお店に来てくださっていて、ある日その薬のお話を聞かせて頂いたのですがその時お聞きした内容がうら覚えでネット検索しても出てこない。一度聞きに行ってみようかと思っていた矢先!そのお店でお話をして下さった息子さん夫婦が現白島店にご来店。
最初は分からなかったのですが話をして行くうちにその方だと判明!思わずお互いに手を取り合ってしまいました!!!
以心伝心とはまさにこの事だと私もビックリ!

お父さんに聞いてもらえばわかると思いますとお聞きして、後日訪問。
後日、詳しくお聞きする為に訪問。その話とは全然関係ない(笑)白島の歴史などもイッパイお聞き出来て楽しい時間となりました。
マップでの掲載は短文ですがお話はもっと詳しくお聞きしています。興味おありになる方は私にお店で問いかけ下さい。
まだこの「白島指薬」については広島市郷土資料館さんにお時間のある時に調べてもらうようにお願いしてありますので又判明した歴史が分かりましたらお知らせ出来るかな???
他にも色々あるんですけど取り合えず「白島地図。」をご覧ください。
このプレートが白島のどこかの建物に付いています。
是非見つけてみてくださいね。
2018361.jpeg

そして実は最初の白島の店舗を出なくては行けなくなった時に事情を聞かれたその白島指薬の販売所だった方が所有の店舗物件を少しお値段を勉強して下さって、近くの不動産屋さん経由で私に入られないか聞いてみてくださいと手を差し伸べて下さった事がありました。
だだ私にはそのお家賃が予算よりもお高くてお断りを不動産屋さん経由でしたことがありました。直接お礼とお詫びが出来ていなかった私はちょっと胸につかえたものがあったのですが今回まさかの事で直接お会いしてお礼とお詫びが出来たことも嬉しい出来事でした。

掲載していない白島の歴史もまだあるのですが白島だけでこんなに興味深い歴史があるのならば皆さんがお住いの地域にも間違いなく歴史は存在するので調べてみるのも楽しいと思いました。

何だか前振りからいつもながら長文となり、読んでいる皆さんもヘトヘトかと思います。(笑)
何とか白島ガイドマップ「白島地図。」はやっとやっとやっと完成となりました。
今回の白島地図。製作委員会のメンバーは下記の通りです。
皆さんそれぞれのお仕事もしながら、それぞれの役割を尽くして頂きました。
イラストを描いて頂いたり(建物だけの予定が猫や人物・木などをどんどん追加依頼(笑))、賛同店さんに渡すフォーマットや校正依頼のプリントなどもつくって頂きました。
素敵なデザインのマップも想像以上。
様々な意見交換もしながらのマップ作りでした。
ありがとうございます。

製作委員会以外にも下記の皆様にも様々な資料やアドバイスを頂きました。
他にも色々とお力添えいただきました皆様ありがとうこございました。
大竹のPiNECoNeSさま。
呉の甘茶書店さま。
北九州市のLife & Workさま。

長期間となりましたが完成まで来れましたことを感謝いたします。
が!マップ完成がゴールではなく、これはまだ入り口に立ったところです。
また白島の魅力をジワジワと皆さんに知って頂いて、私のような白島ファン(と言うか白島ストーカー?)が一人でも増えて頂けるように何かしらやって行こうと思っています。
イベントも企画中です。また決まりましたらお知らせします。
猫が表紙だったり、郵便ネタが入っているのはお察しくださいね。
白島の素敵なところを是非感じて頂きたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

■白島地図。製作委員会
・谷村仰仕
呉工業高等専門学校 地域連携コーディネーター
特命准教授 博士
・d&B 関浦デザイン事務所 関浦通友・関浦ルリ子
・発起人:Minette 下内道子


白島ガイドマップ「白島地図。」の配布場所は下記となります。
白島地図に皆さんのお気に入りの場所やお店、気になるポイントなど書き込んで頂いて、それぞれの白島地図を完成させて頂くのも楽しいかもしれません。
こだわりのお店がいっぱいなので是非マップ片手にお散歩頂けると嬉しいです。
もしSNS等をされていましたら、下記のハッシュタグを付けて投稿いただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
#白島地図 #白島

・feuillage(フォヤージュ)
・HANOI PHO(ハノイフォー)
・marru(マアル)
・小さな森のブーランジェリーnoix(ノワ)
・BOULANGERIE HIRO(ブランジェリーヒロ)
・雲間
・さいふぁ-Cypher-
・お好み焼き 登きや
・スラップモブラー
・蓬莱鶴 酒工房
・Bosco(ボスコ)
・美の庵
・kahon 広島
・L‘UNIVERS(リュニベル)
・5 feet café
・器ギャラリー 釉すが
・すし健 白島本店
・ニシダフルーツ
・家具のなかみち
・PERO…(ペロー)
・カフェ福寿草
・プランタン
・つばめゆうびん
・Minette(ミネット)


nice!(0)  コメント(0) 

大阪・奈良の旅 [旅]

1月31日(水)
定休日を使って奈良と大阪に行って来ました。
本当は博多にお洋服の展示会にも行きたかったのですが次週の東京行きもありで予定がアレコレと合わずで関西旅に。

今日は以前NHKの「あさイチ」で紹介されていた生駒の猫の形をしたケーブルカーに会いに行く事に。
新大阪から生駒に移動。
生駒と言えば今は人気過ぎて幻のお菓子ともなっているレインボーラムネの生駒製菓本舗さんのあるところです。

生駒駅前の商店街は「ぴっくり通り」最初びっくりかと呼んでいましたが何度か見ているうちに「ぴっくり」と判明。
IMG_9991.jpg
IMG_9985.jpg
ケーブルカーのある駅に向かうとおられました!いきなり猫のミケ号が停まっていました。
ミケって書いてあります。顔の横に手を置いている姿もなんともかわゆい。
IMG_0001.jpg
IMG_0008.jpg
IMG_0047.jpg
切符を買ったけどミケ号は何時に出発かと係員の方に尋ねると・・・なんと・・・なんと。
本日運航無しと・・・汗。
基本曜日で運航日はあるらしいのですが点検等もあるのでハッキリとは決まっていないとか。
ギャーーーーーーー!!!ミケに乗るために来た私はいきなり出鼻をくじかれました(笑)。
でも会えたからいいかと思い次回リベンジを誓った私なのでした。
だって猫ふんじゃったが流れるんでしょ?
そして日本初のケーブルカーなんですね。
犬のブル号もいます。上に上がった時にドレミ号にも会えました。
IMG_0014.jpg
IMG_0017.jpg
スィート号もいるみたいですよ。
でもこのケーブルカー上に住んでいる方の生活路線でもあるんですね。
乗ったケーブルカーも中々レトロで素敵でした。
IMG_0005.jpg

ここまで来てそのまま降りるのもどうかと思い宝山寺へ。
IMG_0028.jpg
IMG_0039.jpg
IMG_0037.jpg
IMG_0036.jpg
商売繁盛の御利益があるとのことで沢山お願いしてしまいました。
御朱印長持っていたのに登るしんどさに息切れしてしまい書いて頂くのを忘れた・・・。

機会があれば是非。
遊園地もありましたが冬季休園中でした。
http://www.ikomasanjou.com/access/


IMG_9997.jpg

ケーブルカーで降りて、文具店はないかと探してみるとありました。
行ってみると昔ながらの町の文房具屋さんという店構えでした。
IMG_9993.jpg
学生さんから年配の方まで店内にはお客様が。
ぐるりと店内を見て歩いてお店を後にしました。
こういう文房具店さんが在り続けているのは広島はほとんど全滅なのである意味うらやましいと感じます。
ザ・ブングテンがザ・ベストテンのロゴと同じ(笑)。

そこから生駒郵便局に移動しようとしたけれど徒歩で9分とあったので歩けると思ったけど町の人にどちらに向かって歩けばいいですか?と尋ねたところ結構遠いと言われました。
歩いているとバス停が見えて係の方に聞いたら今停まっているバスに乗れば生駒郵便局に行けると聞いてすぐさまバスに乗る。
生駒郵便局前と言うバス停で降りると本当に目の前。帰りのバス停も運転手さんに確認してロスタイムを防ぐ作戦。
IMG_0054.jpg
何通かお便りも出せて自分の風景印ノートにも。
生駒郵便局の風景印の図案は、飛行塔(生駒山上遊園地)、テレビ塔、サクラ。
IMG_0068.jpg
今までないタイプの風景印でうれし!
すぐさま帰りのバスに乗り生駒駅まで。
一旦、近鉄奈良駅に戻りもう一か所行けるかどうかのギリギリの時間。
6時半には大阪駅で待ち合わせ予定。
向かう予定のバスの時刻を観光案内書でバス停と共に教えてもらい、一か八か行ってみることに。でも帰りも速攻でバスに乗らねばならぬもよう。
綱渡り的な移動(笑)。

もう一か所行きたかった所は「野球カステラ」を作られているお店。
IMG_0089.jpg
数日前に電話して近鉄奈良からのバスの最寄り駅を聞いた私。
でもバスは待っている間に歩いたほうが早いくらいと言われて約1キロを歩こうかと思っていたけれど丁度ナイスタイミングでバスが来る時間だったのでラッキー。
1時間に2本ペース・・・。
大きな看板が出ていたのですぐにわかりました。
IMG_0063.jpg
IMG_0067.jpg
入口でお煎餅などを焼きながらの販売。野球カステラが見えたので取ろうとしたら「中にもありますよ。」と言って下さり、店内へ。
お豆入りの煎餅など懐かしい昔ながらの美味しそうなお煎餅たちが。
焼いていらっしゃるご主人に少し質問したりして、そしたら一枚大仏鉄道せんべいをくださいました。
IMG_0066.jpg
あったかい!
もう創業80年以上ご家族でやられているようです。
なんかカウンターの方も含め、ほのぼのあたたかな気持ちになる素敵なお店でした。
この野球モチーフの形が何とも愛らしい。
食べてみるとモッチリしいてとっても素朴な美味しさでした。
また来なくっちゃ!
■畠山製菓
https://tabelog.com/nara/A2901/A290101/29004868/

向かいのバス停からバスに乗り、近鉄名瀬駅へ。
大阪行きの電車に乗れました。すごい分刻みの時間を奈良で乗りこなしてる(笑)。

大阪に向かう電車の中から「法隆寺」駅。当たり前だけど不思議。
IMG_0073.jpg

大阪では元同僚と久しぶりに会えました。
オシャレなところよりきっと好きそうな所へと連れて行ってくれたのは洋食のお店「欧風軒」。
定番の洋食がどれも美味しそう。
私はエビフライ・ハンバーグ・ポテトコロッケの定食に。
IMG_0091.jpg
IMG_0094.jpg
雑誌に出てる感じ!美味しそう! おしゃべりしながらパクパクと完食。
サラダの野菜もドレッシングも全て完璧!の美味しさでした。
広島にもあるの?こういうお店?

その後は名前が謎すぎるところでお茶。
その名も「マヅラ」。いつもは入口に90歳台の店主がおられるらしい。
IMG_0082.jpg
今日は遅かったからか???おられず。
店内の椅子もテーブルも仕切りもライトもカッコいい昭和感満載。
中央にある円形のソファも中々素敵。
IMG_0093.jpg
コーヒー税込み250円!私はカフォオレ税込み300円!安い!
IMG_0092.jpg
閉店時間過ぎてたけど全く終わる気配なしでした(笑)。
元同僚との近況報告や会社ばなしに話は尽きず。
また来ます!



2月1日(木)
今日の奈良は朝から雪が降ってます。
IMG_0099.jpg
9時に拝観予約を入れている五劫院へ。
IMG_0104.jpg
IMG_0107.jpg
何年も前に一度伺おうとしていたのですが予約が必要とのことでその時は断念。
今回は事前予約入れました!
バスに乗って最寄り駅まで。少し早めに着いてしまったけれど時間をつぶす場所もなく寒いので早々にお寺に。
本堂に通されるとおられました。思っていたより大きいお方でした。
IMG_0110.jpg
やっとお会いできて感激でした。
御朱印も書いて頂きました。
IMG_0111.jpg
ただこちらのお寺用事がその日にあられたのかとにかく全てを早く済ませようと言う空気が満ち溢れていて(笑)帰りも私がお礼を言って靴を履こうとしましたが遠くの部屋から「はいはいはいまた」みたいな(笑)。
ある意味面白かったけど・・・。
■五劫院
http://deep.wakuwaku-nara.com/gokouin/


次は奈良の中では一番好きな新薬師寺へ。
バスに乗るも郵便局が見えたので途中下車。
IMG_0114.jpg
奈良今小路郵便局の風景印の図案は国宝・正倉院正倉、所蔵の黄金瑠璃背十二稜鏡絵紙。
IMG_0115.jpg
またバスに乗り、県庁前に。
ここにも前に行ったけど郵便局あったと思い出し奈良県庁前郵便局に。
奈良県庁内郵便局の風景印の図案は国宝・東大寺大仏殿、シカ。
IMG_0156.jpg

せんとくんも裸じゃなくなってるし。
IMG_0123.jpg
新薬師寺へのバスのアクセスも奈良県庁の受付の方に教えて頂いてスムーズに。
雪が降って鹿さんも寒そう。
IMG_0117.jpg

新薬師寺に向かう途中にある「志賀直哉旧居」にも寄りたかったのですが時間足りず。
高畑サロンも建物の感じが魅惑的なんだけど開いてない・・・。
IMG_0128.jpg
IMG_0126.jpg
IMG_0125.jpg
IMG_0122.jpg
次回は是非。
■志賀直哉旧居
http://www.naragakuen.jp/sgnoy/


お宝並べましたかね?
IMG_0130.jpg

新薬師寺に到着。
雪が舞う新薬師寺も中々素敵です。
IMG_0131.jpg
いよいよ十二神将像さまたちにお会いしたいと思います。
それぞれの表情も躍動感があり、ポーズも素敵。
みうらじゅんさんが仏像界のメリーゴーランドと言われていたように何週もグルグル回ってしまうエンドレスなお方たち。
もうこれで帰ろうと思うのですがもう一回もう一回となります。
人も多くないので今回もほぼ貸し切り状態。ゆっくりと自分の気持ちの赴くままに見れるので満喫して帰ります。
IMG_0167.jpg
IMG_0150.jpg
御朱印もありがとうございます。
IMG_0133.jpg

・新薬師寺
http://www.shinyakushiji.or.jp/


ネコのディスプレイが色々と。
IMG_0141.jpg
IMG_0140.jpg
リボンの自動販売機。
IMG_0145.jpg
IMG_0146.jpg

そして新薬師寺に近い郵便局ということで奈良高畑郵便局。
IMG_0149.jpg
奈良高畑郵便局の風景印の図案は国宝・伐折羅大将、奈良公園の鹿、三笠山。
IMG_0152.jpg
カッコいい!

この辺りからネットの接続がうまくつながらなくなる。
ならまちへ移動するのにバスに乗りたいけれどネットがつながらないので適当に乗ったら間違えてた(笑)。
運転手さんに聞いて乗り換えることに。
バスを降りて歩いて行こうとすると同じバスに乗っていた女性の方が親切に教えてくださいました。
向かって歩いて行こうとすると年配の男性の2人組の方からも声を掛けられる。
先ほどの女性の方との話を聞かれていたようです。
目的地のバス停は一駅だから歩いても行けると教えてくださいました。
奈良の方はなんてご親切なんでしょうか。ありがとうございました!

何とかランチの目的地に到着。
くるみの木プロデュースの複合施設「鹿の舟」。
IMG_0179.jpg
IMG_0173.jpg
IMG_0159.jpg
2015年にオープンしていたのに初めて来ました。
長いこと奈良に来てなかったと言う事ですね。
案内所・定食屋さん(グロッサリー含む)・レストランの3つからなる複合施設。
今日のランチは竈さんで定食を頂きました。
IMG_0177.jpg
IMG_0298.jpg
幾つかの定食と単品もありました。私はレンコン饅頭の定食に。
ごはんは竈で炊いたご飯でした。おかわりOK。
ご飯も美味しかったけれど定食もメインだけでなく副菜も全てメインになるような美味しさ!
レンコン饅頭に添えられていた最初お肉かと思ったコンニャクステーキも素晴らしく美味しかった。
おかわりのご飯はおこげを入れてくださいました。
IMG_0163.jpg
又是非来たいです。
今回は時間切れで一条店には行けなかったけれど大満足でした。
かぶの漬物と昆布飴を連れて帰ることに。
昆布飴の包み紙が素敵です。
IMG_0401.jpg

■くるみの木
http://www.kuruminoki.co.jp/



お腹も満腹になったところで久しぶりにならまちを散策。
IMG_0148.jpg
行きたかったはかりやさんやお茶屋さんは今日はお休みだったけれどプラプラと歩いてみました。
IMG_0191.jpg
IMG_0196.jpg
IMG_0194.jpg
IMG_0202.jpg
IMG_0185.jpg
IMG_0193.jpg

この辺りは郵便局も近くに色々とあったので散策しながら郵便局巡りも楽しめました。
あとで数えてみると奈良の2日間で9局巡ってました。何しに行ったのかしら???(笑)
IMG_0216.jpg

・奈良小川町郵便局の風景印の図案は、重文・春日大社中門、シカ。
IMG_0208.jpg
IMG_0307.jpg

・奈良元興寺郵便局の風景印の図案は、国宝・元興寺禅室、木造聖徳太子孝養像。
こちらの郵便局は建物が少し趣が違っていたので局員さんにお聞きすると建築家の方が郵便局として設計された建物だとか。
IMG_0189.jpg
IMG_0305.jpg
粗品が魅惑的。
近畿地方のみみたいです。
IMG_0190.jpg

・奈良下御門郵便局の風景印の図案は、猿沢の池の龍頭船、国宝・興福寺五重塔。
IMG_0204.jpg
IMG_0313.jpg

JAアンテナショップも外せない!
IMG_0211.jpg
まだ復活は見れないけれどJAならの作られた瓶入りのケチャップがまた食べたいと懇願している私です。
酸っぱさがなくてケチャップってこんなに美味しかったっけ?と感動した私。
最後に買った時はもう製造がされなくなるとお聞きして箱買いして送ってもらいました。

歩いている道なりに郵便局発見。
奈良三条郵便局の風景印の図案は、旧JR奈良駅舎、鹿。
鹿のイラストが何だか可愛らしい感じに。
IMG_0212.jpg
IMG_0207.jpg

奈良駅に戻り、東大寺に向かいました。
IMG_0215.jpg
IMG_0261.jpg
IMG_0226.jpg
IMG_0243.jpg

私は南大門の金剛力士像が一番好きです。
IMG_0254.jpg
IMG_0252.jpg

時間をかけて見てしまいます。特に足。新薬師寺でもそうでしたが私はきっと穏やかな表情の大仏様や菩薩さまよりもその周りを守っている方たちの筋肉と血がたぎっている躍動感に惹かれるようです。
大仏さまにお会いして御朱印も。
IMG_0274.jpg
IMG_0286.jpg
鼻の穴とおっちゃうよね~(笑)外国の方でした。
IMG_0281.jpg
本当は二月堂にも行きたかったけれどみぞれ模様の天気と足がもう限界でした(笑)。
中途半端な時間となったのです春日大社にも微妙な時間。
くるみの木一条店も更に微妙な時間。

近鉄奈良駅に戻り、もう一か所だけ郵便局に(笑)。
・奈良東向郵便局の風景印の図案は、重文・東大寺二月堂、籠松明。
IMG_0314.jpg
近くのスーパーを2軒梯子したけれどならまちで見た瓶入りソースに出会えず。
大阪へ向かいました。

最終目的地は京セラドームのライブ。
IMG_0323.jpg
イイこと言ってたなぁ。
「新しい古いで音楽は評価されがちなんだけど僕たちのイイと思うものをこれからも続けて行きたいと思います。だってこんなにライブに皆さんが集まってくれているんだから。」
私もお店を始めて色々なお声を頂くこともあります。
でも私の思ううちのような小さな個人店と言うのはその店主のイイと思う方向性だったりテイストを同じ嗜好で感じ取って下さった方がご来店下さるのが理想です。
沢山のバリエーションや何でもあるお店を求めるならばそれは当店ではないのだと思うのです。
なので私も中々それを貫くのは大変な場面もあったりしますが自分を信じて進むしかないなぁとこの言葉に背中を押された気持ちでした。
また元気貰って頑張ります。
良いリフレッシュになった関西旅でした。



nice!(0)  コメント(2) 

あけましておめでとうございます。 そして事件です・・・。 [日々のこと]

1月6日(土)
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
今年も昨年に引き続き1月5日が初売りとなりました。
「福袋」ですが昨年すぐに完売したので今年は調子に乗ってイッパイつくりましたので是非ご協力くださいませ。
結構大きな手提げ袋に入れてます。
今日ご来店のお客様にも「こんなに大きいとは思ってなかった。」と。
15.000円相当の文房具・雑貨が入っていますよ。
★ネットショップでもお買い求め頂けます。
http://minette72.shop-pro.jp/?pid=69363305
IMG_9018.jpg

年末はお店の棚卸と福袋づくり、そしてオマケ程度の掃除となりました。
やはり一度に何もかもやるのは無理と分かりつつも掃除って最後の最後のホコリを掃除して新年を迎えたいと言う気持ちの私です。

歌番組も少なくなった昨今ですが年末は歌番組が割と続くシーズン。
レコード大賞ではピンクレディと荻野目ちゃんと登美丘高校ダンス部のダンシングヒーローに盛り上がった私でした。
2組とも流石すぎて感動しちゃいました私。

そして紅白歌合戦につづく。
最初から最後まで全部見たい私は年越しそばも早めに食べて準備万端スタイルで毎年臨みます!
IMG_9080.jpg
例年通り、ツイッターでのチャット的感想などを四国の方たち含め呟きあうと言う楽しい見方で楽しいひと時でした。
昔は演歌とか要らないと思っていたけれど今は「これぞ!紅白歌合戦!」と聞き入ります。

そして「2355・0655 年越しをご一緒にスペシャル」つづく。
今年のたなくじは「ジャンプ大吉!」
IMG_9088.jpg

そして年明け、今年の三が日もその後も良いお天気で雪も降らずの穏やかな年明けとなりましたね。
IMG_9155.jpg

お雑煮も食べて炬燵でゴロゴロ。
冬は炬燵に入ったヤドカリ状態の私です。
その後、年始ゆっくりとした気持ちになれない出来事が・・・。
IMG_9094.jpg

鍵が丸ごと無くなっていたことに元旦気づく・・・。
家の鍵・お店の鍵・車の鍵・自転車の鍵・納屋の鍵の5種類。
でもどこかにきっと置いてあるに違いないと探すもどこにもない・・・元旦と2日も探すももう探すところなし・・・。
気分を変えて夕ご飯の買い出しに出かけたところ母から電話あり。(車のスペアキーはあった。)
「泥棒が入ったんよ!」と・・・そして警察が家に向かっていると。
通帳と現金が見当たらないと母からの電話では言っているものの、随分と前にも同じように無い無い!と大騒ぎして結局あったと言う事があった私は「もう一回落ち着いて探してみて」と言って家に向かう。

その後、警察の方が来られたのだけど4人も!!!
事情を母と私にそれぞれの警察官の方がメモをとりながらの聞き取り。
でもこの時感じたのは、「それは何時ごろですか?」との問いにハッキリと時間が分からなかったところもあったこと。
そこで勝手な妄想だけど取調室で事情聴取された時に曖昧な供述をしてしまう可能性がありそう・・・と思ったこと。冤罪・・・汗
同時に2人の警察官の方は室内に犯人の足跡がないか暗くして調査中。
足にビニール被せて・・・事件の様相(汗)。
その後、「足跡はないようです。台所の貴重品が無くなっていないのに奥の部屋にピンポイントに行くと言うのは少し考えにくい。」と。
私:「土足じゃなくても見えるんですか???」
警察:「ソックスで歩いてもわかります。」
警察の方曰く、空き巣に入る時は慌てているから土足が多い、下調べをして来る空き巣は靴を脱ぐこともあるが逃げづらいのであまり考え難いとのこと。

私:「もう一度探してみます。」
弟:「でも母は無いと言っているんでないんだと思います。」←私ゼッタイあると思っていたので一言弟に言いたかったけど警察の方の手前黙る。
一通り聞き取りも終わり、「一度落ち着いて探されてみたり、ここ数日の事を思い出してみてください。」と言われ帰られることに。
そして帰り際に「何か変な物音などが聞こえたら、こんな事で警察に電話してもいいのかな?とか思わずに直ぐに110番してください。」と優しいお言葉も残して帰られました。
警察の方って優しいと感じた次第です。

その後、弟が母から再度聞き取り。すでに警察に話した内容と異なる・・・。
私は絶対どこかにあると踏んでいたので早々に母の部屋に行き捜索。
そしてすぐに発見!
母は大笑い。弟はㇺッ!として警察に謝りの電話。
だから慌てて警察に電話しちゃあいけないんだよ!と私は今回も思った次第です。
その後、自宅にも警察から電話あり、私は平謝り・・・。
その時も「いやいや、見つかって良かったですね。」と神対応。
鍵の紛失届のみ届けるも・・・翌日不思議な場所から鍵は発見。
どこにあったと思います???
なぜか燃えないゴミのごみ袋の底にありました。
私なのか??? 100%はぬぐえない自分への不信感。
袋町のお店の鍵も無いと思っていたらお店の冷蔵庫の冷凍室にあった経験ありの為。
何故そこにあったのかは謎に包まれていますがこの2日間のモヤモヤがスッキリ。
でもその2日間は何も出来ず探し物に費やしたガックリな年初めでした。

鍵も見つかってスッキリした気持ちで氏神様のところへ新しいお札を頂きに行って来ました。
IMG_9143.jpg
おみくじは大吉!
商売は相変わらずの様相。
IMG_9144.jpg

色々食べても最後はこれがご馳走だったりします私。
IMG_9163.jpg
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



nice!(0)  コメント(2) 

IRIIRI ワークショップ「ミネット家のはなさん」 [お店のこと]

10月7日(土)
今日は待ちに待った念願のミネットでのIRIIRIさんのワークショップでした。
引越ししたお店は自動的に2階付だったのでワークショップも出来る!と昨年からIRIIRIさんにワークショップのお願いをしていたのです。
イリイリさんのワークショップ.jpg

ワークショップの開催にあたり、私は何をつくるワークショップにしようかとアレヤコレヤと頭の中で考えていました。
実際に使える実用的なモノが良いのか?にんぎょうか?
悩みに悩みましたが自分が一番つくりたいものにしようと言う勝手な結論に(笑)。

IRIIRIさんに猫のにんぎょうをつくりたいとお伝えしたところ、「猫でと心に決めてましたよ」と言って下さいました。
そしてうちの猫をキャラクターにとご提案下さいました!
名前や特徴、性格を聞いてくださったりもしました。
本当に涙がじんわりと・・・でした。

最初にラフ案が3パターン届きました。
そのイラストを見ただけで私は身体をクネクネさせてしまうほどのテンションの上がりようでした。
その中で一番時間がかかりそうな今回作って頂いた手足可動タイプのにんぎょうとなった次第です。
私が小物も付けたいとかプラス材料も言っちゃったもので…さらに(笑)。

そしてワークショップ前日に送られてきた完成したにんぎょうの画像。
もうノックアウトでしょ私!!!
ギャーーーーーーーでした。
22278581_1141903275954617_899180751_n.jpg

当日は私もお店番をしながら猫のにんぎょうを作ろうと思っていました。
今回のキットはここまでIRIIRIさんに作ってきて頂いていましたので4時間の予定のワークショップで出来るであろうと当初は思っていました。
IMG_5575.jpg
一番時間を要するのはお顔の部分ではないかと私としては思っていましたが!!!

見本の完成した「ミネット家のはなさん」を真ん中にワークショップの準備も整いましたよ。
img5573.jpg

まずは綿を詰めるところから。
IMG_5577.jpg
私も大昔猫のにんぎょうを作った時に意外と綿が沢山必要だと言うことを実感していたのでIRIIRIさん綿を持参出来るのかしら?と思ってましたが意外や意外小さなコロコロスーツケースでした。

私も下で綿をつめつめ。
IMG_5578.jpg

途中で何度か2階に上がりまして皆さんのを見せてもらいながら私は全然進まずで・・・汗。

一階に居る時も皆さんの楽しそうな笑い声が何度も聞こえてきて私も何だか嬉しい気持ちになったりして。

また時に二階へ上がると無言の集中タイムだったりしたことも。
蟹を食べてる時みたいな感じ?


今回のワークショップはおひとり高松から参加下さった方がおられたのですが遅れて参加されたのにも関わらず一番早く完成されていたという。
帽子付いてたり、お洋服に袖とポケット付いてたり、バッグポシェットタイプになっていたり。
実は何度もIRIIRIさんのワークショップに参加されたことがあるベテランさんでした。
でも皆さんの質問にも答えて下さって助かりました(笑)。

ワークショップ終了予定時間の1時間前に2階へ上がてってみると皆さん、お顔の辺りを制作中。
間に合うんかしら???と思いましたがやはり完成まで到達できず(笑)。
時間が許す方はこの後もIRIIRIさんが提案下さって、2時間オーバー位でしたでしょうか?
IMG_5580.jpg
IMG_5581.jpg
IMG_5582.jpg
IMG_5583.jpg

原画の「ミネット家のはなさん」と一緒に皆さんの猫さんたちと記念撮影。
IMG_5591.jpg
IMG_5590.jpg
これって本当に不思議だけれどどの子も同じ子がいないって言う愛らしさ。
同じモチーフなのにね。
後ろ姿も何とも言えずでしょ?
取り合えず形になりまして本日のワークショップおしまい!!!
皆さんお疲れさまでした!きっとグッスリと眠れるはずです。

皆さんをお見送りして、私のにんぎょうは結局IRIIRIさんに全てお任せしてしまいました(汗)。
IMG_5601.jpg
IMG_5606.jpg
いつかいつの日か私もつくってみます!たぶん!
かなりの遅い時間となりまして・・・大阪まで帰れるかしら?と後になればなるほど心配に。

私の「ミネット家のはなさん」は私の後ろに座っていつもお店を眺めていてくれています。
天国に行って2年ですが丁度同じ10月に私の元にオシャレをしてやって来てくれました。
IMG_5639.jpg

IRIIRIさんとが一番長丁場の一日だったにも関わらず、最後の最後まで丁寧にして下さって感謝感謝の一日となりました。
ご参加下さった皆さんありがとうございました。
後日楽しかったと感想を頂いたりして、開催出来て良かったなぁと感じた私です。
またこれに懲りず来年もワークショップをお願いしたいです!
是非是非よろしくお願いいたします。



nice!(0)  コメント(0) 

大竹和紙小市 [お店のこと]

またいつのブログ?的な日にちですが後々の覚書ブログです。

10月1日(日)
今日、お店はお休みして『大竹和紙小市』に参加してきました。
IMG_5300.jpg
8月25日に伺った大竹和紙小市 顔合わせ会&見学会からあっという間の当日。
その間には当店の2階にて試作品のプレゼンなるものも行われました。

久しぶりにJRに乗り、大竹の玖波駅まで。
いつも思うけど皆さん朝早くから動いておられるよね。
座れて良かった!
案外と大竹は近いのだと思う。宮島過ぎたらすぐだもの。
玖波駅に降りると又もや出る改札を間違えたようで逆の改札に。
こいこいバスを発見。
IMG_5289.jpgIMG_5290.jpg
車内は水色のシートに真っ白なカバーがレトロっぽくて可愛かったです。
知らない土地でバスに乗るのって何だかドキドキしますね。

最寄りのバス停から心臓破りの陸橋を歩いて本日会場となる西念寺さんへ。
IMG_5293.jpg

呉高専の生徒さんたちの準備を遠目に見ながら試作品たちを眺めていました。
色々と考えられたであろう試作品たちは皆さんにどんな風に見えるのか?
今回はそんなご意見やアドバイスなどをお聞きしつつ、用意した付箋に書いてもらったり、いいなと感じたモノに投票のように付箋を貼ってもらったりするようです。
大竹和紙のガーランドも飾られていますよ。
IMG_5296.jpg
IMG_5313.jpg
IMG_5312.jpg
IMG_5327.jpg
IMG_5304.jpg
IMG_5298.jpg

こちらの椅子は廃材を使った椅子に大竹和紙を手に触れる部分に貼った作品のひとつ。
やさしさが静かにそこにある作品です。
IMG_5311.jpg

10時からスタートにも関わらず入り口には既にお待ちの方も沢山。
色んな出展者の方の作品たちも気になるところ。
あとでゆっくりまわることにしましょう。

お昼ごはんは、サバサンド。
不思議と合うのねサバとパン。
IMG_5329.jpg

会場はお寺だったのですが途中で本堂の中も見に行けて様々な方々の出店作品たちを見て歩きました。
IMG_5338.jpg
IMG_5339.jpg
IMG_5336.jpg
IMG_5322.jpg
IMG_5321.jpg

活版印刷のワークショップにも参加してみました。
IMG_5351.jpg
大竹和紙で作るフックカバーのワークショップも参加。
IMG_5349.jpg
出店者紹介で気になっていたブースにもお邪魔して、置き型鯉のぼりも連れて帰りました。
IMG_5342.jpg

会場の西念寺さんには中庭があってとても素敵なんです。
IMG_5337.jpg
あなたの想いを鶴に乗せてと言うことで想いを大竹和紙に書いて中庭に飛ばす「想ゐ鶴」。
シンプルに白い和紙ととてもよく合ってる空間となっていました。
写経もありましたよ。
IMG_5339.jpg

午後からはライブペインティングもありました。
私は本堂の中に居たのですが壁越しに聞こえる心地よい音楽を聴いていました。
琴の演奏なんですが所謂和なイメージとは違う演奏でした。
それに合わせて絵を描かれましたよ。
IMG_5314.jpg
IMG_5341.jpg

初めて参加させて頂いた『大竹和紙小市』でしたが主催のPiNECoNeSさんたちや皆さんを取り囲む応援隊の方たちの気持ちが来場者の方にも出店者にも伝わる優しい気持ちが会場内をふんわりと包み込むようなそんなイベントでした。
互いに想う気持ちが気持ちいい感じとでもいいましょうか?
出店者がモノを販売する言う目的と言うよりは楽しみながらそれぞれに考えた大竹和紙を皆さんに知ってもらおうとする気持ちが前面に出ていたように感じました。
中々こう言う雰囲気のイベントないなぁとその中に居られることを幸せに感じた一日でした。
IMG_5316.jpg

我らが「BUFFER FUL LAB」も粗削りながら試作品を皆さんに直接見て頂いて、アドバイスやご意見を沢山頂いて、今後の道筋の光になっていたら良いなぁと思いました。
IMG_5352.jpg
IMG_5353.jpg
IMG_5355.jpg
IMG_5356.jpg
まだまだ商品開発は入口辺り?
何かこれから生まれて形になって行くかはまだ未知数ですが私も微力ながら参加させて頂けることを嬉しく思っています。
1年後にミネットに大竹和紙のオリジナル商品が並んでいることを想像しながら焦らず頑張れると良いですね。
居心地の良い時間を皆さんありがとうございました。

当日の『大竹和紙小市』の様子も含めこちらをご覧ください。
https://www.facebook.com/otakewashi/

nice!(0)  コメント(0) 

大竹和紙小市 [お店のこと]

9月24日(日)
いよいよ一週間後になりました『大竹和紙小市』。
ブログに書けていませんでしたが8月25日に初の大竹市に行きまして、大竹和紙小市 顔合わせ会&見学会に参加してきました。
21032393_1385486774901748_8747908874151597012_n.jpg


ミネットは「BUFFER FUL LAB」で出店参加します。
呉高専の先生と生徒さん達のユニットが大竹和紙で作る文具や雑貨、プロダクトの試作品を作り、一年後位を目標に大竹和紙を使った商品をいずれミネットで販売することを目標に進めていく第一歩となるイベントでのお披露目であり、様々な方からのご意見等をお伺いする場となります。
※白島の店舗はイベント出店の為、お休みとなります。

大竹市は、400年続く県内で唯一の手すき和紙の伝統がつづく場所です。
和紙の原料となる楮(こうぞ)から育て、手間のかかる多くの行程経て大竹和紙は作られています。
私もそうでしたがテレビ等で紹介されている「紙を漉く」と言う作業は最後の最後であり、そこまでに沢山の時間と労力が費やされていることを始めて今回知ることが出来ました。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://otakewashi.com/washi03.html

8月25日に伺った大竹和紙小市 顔合わせ会&見学会の様子です。
会場は大竹まちあそびプロジェククト PiNECoNeS(パインコーンズ)さん達の拠点、98baseにて。

イベントと大竹和紙についての説明会。
美味しいカレーのランチもいただきました。
大竹和紙小市でもフードで出店のplus good dayさんのカレーランチでした。
21032677_1385487021568390_6928150859006355909_n.jpg

イベント会場となる西念寺さんの見学。
20993917_1385487244901701_3140023000723837718_n.jpg

IMG_3769.jpg
私たちのブースは本堂を過ぎてこの右側に回った辺りになります。
屋外のブースです。

前々から行ってみたかった大竹和紙工房さんへ。
21078679_1385487291568363_2632602127645227294_n.jpg

大竹手すき和紙の里にも連れて行って頂きました。
初めてみる楮(こうぞ)。
20993973_1385487334901692_3847564125870311096_n.jpg
21034194_1385487301568362_4297883994729269762_n.jpg
IMG_3780.jpgIMG_3781.jpg
IMG_3783.jpg
IMG_3785.jpg
IMG_3786.jpg
IMG_3787.jpg
IMG_3788.jpg
IMG_3789.jpg

猫ちゃんにも会えました。
21106723_1385487354901690_7412830528770371796_n.jpg

大竹和紙に関わる方達がほぼボランティアであられるとのこと。
皆さんの損得を超えた様々な活動の積み重ねが大竹の手漉き和紙を存続させている力なのだと思いましたが口で言うのは簡単ですが中々これは出来る事ではないとも感じた次第です。
そんな皆さんの努力や思いの積み重ねによって大竹の手すき和紙が絶えることなく400年続いています。
でも現状は決して安心できる状況にはないとのこと。
沢山の難題を抱えられているということ。
まずはこのイベントをきっかけに「知る」と言うことから始めてみませんか?
そして様々な出店者の方から生まれる大竹和紙の可能性を一緒に感じてみませんか?
私もそのひとりです。

ミネットオリジナル三原猫だるまを作ったときに次は大竹和紙で何かオリジナルを作れないかと思っていた私ですが2年と言う月日が過ぎ去り、このタイミングで呉高専の谷村先生に声をかけて頂き素晴らしい機会を与えて頂くことが出来ました。
つながるということは本当に不思議なもので、呉高専の谷村先生は現在の白島のお店の内装・外装など先頭に立ってやってくださった方です。大恩人!
2年も何も出来ていなかった私なのに今それが進み始めました。
勝手なことを言うと「時が来た!」と言う感じ(笑)。
お店を始めて思うのはいつも人様につなげてもらい助けて頂いていることを実感していること。
そして又つなげて頂けた『大竹和紙小市』。

つながると言えば、今回のイベントの主催であるPiNECoNeS(パインコーンズ)代表の藤井さんとは出身高校が同じということで先日学年は全くバラバラな7名で集まる機会にも恵まれました。


『大竹和紙小市』
様々なジャンルの魅力ある出展者の方々も必見です。
美味しいモノもや楽しそうなワークショップやライブと盛りだくさんです。
10月1日(日)は皆さま是非大竹へおいでください。
一緒にワクワクする一日を過ごしましょう。


★おまけ
8月25日が初の大竹市だった私。
21034420_1103514086445944_2503897377872224095_n.jpg21150164_1103514143112605_7020671093837837176_n.jpg

いつものミッションも遂行。
10月1日は日曜日なので郵便局巡りは出来ないけれど別の日に是非行ってみてください!
21106609_1103514116445941_458900331250329581_n.jpg

・大竹郵便局の風景印の図案は、自然公園・三倉岳、蛇喰磐、大竹祭りの獅子舞。
21149929_1103514019779284_3779164412943252868_n.jpg

・大竹本町郵便局の風景印の図案は、民芸品・和紙鯉のぼりとその作業風景、弥栄ダム、三倉岳の遠景。
21077356_1103514056445947_4499473376138870976_n.jpg
局員さん曰く、五月に風景印の依頼が多いとのこと。
確かに。(o˘◡˘o)

学校前にあった見たことのない不思議な色の横断歩道。
なかなかシャレている。
21032685_1103514169779269_7216116326340414937_n.jpg

ちょっと今回は時間がなくて行けなかったけど工場萌えも体験したい。
http://www.city.otake.hiroshima.jp/miryoku/sightseeing/kojo/index.html
一瞬だけ工場が見えたけど想像よりも遥かにカッコよかった。

あと電車の中から見えた三菱の社宅の外観が素敵でした。
※ネットから引用
mitubisi2.jpg
mitubisi.jpg

大竹はパラダイスの匂いがスゴクする。
私にとって見逃せないモノを見つけに行きたい衝動にかられています。




『大竹和紙小市』
2017年10月1日(日)10時~16時
智海山 西念寺
(広島県大竹市小方2-10-3 ゆめタウン大竹 徒歩5分)
入場料:200円(大学生以下無料)
※駐車場はありませんので公共交通機関でお越しください。
※各自スリッパ、エコバックをご持参ください。
※出店者は予告なく変更になることがあります。

公共交通機関での来場はJR玖波駅で下車、JR玖波駅とJR大竹駅をつなぐ、「こいこいバス」に乗車。
JR玖波駅の広島方面のホーム側にバス停があります。
「小方公民館」で降車 西念寺まで徒歩3分程度。
料金は一律200円。
バスの本数が沢山ないのでチェックしておいてください。
大竹でしか乗れない「こいこいバス」私も密かに楽しみにしています。
色々車内をチェックしなくっちゃです。
http://www.city.otake.hiroshima.jp/.../koikoi_route...

大竹和紙小市Facebookページに出展者等のご紹介ありますので是非ご覧下さいね。
https://www.facebook.com/otakewashi/

=======
純粋に楮(こうぞ)だけでつくられる
強くて白い美しい大竹の手すき和紙。
生産者の高齢化や資金不足など、
多くの難題を抱えています。
歴史ある紙すきの技を
絶やさないために、
私たちができること。
作り手によって紡がれた、
いろんな顔の「大竹和紙」に
出逢ってみませんか?
=======

*/* 和紙アイテム */*
園山春二(絵師/尾道市)
白水麻耶子(画家/尾道市)
いのちの伝達人 NAO(即興ポエム/東広島市)
M.Saito Wood Works(木の器/広島市)
kumonoirooo(布小物・和紙雑貨/広島市)
さくらや(手相メッセージ/広島市)
又吉家(和紙雑貨/広島市)
やまももや(染色/広島市)
Lilyna(アクセサリー/広島市)
吉本里絵×小田綾子(紙造形作家×照明デザイナー/福山市×広島市)
BUFFER FUL LAB(文具・プロダクト・雑貨/呉市×江田島市×広島市)← 私たちはコレ!
大竹和紙工房(和紙製品/大竹市)
和紙づくり人 大谷一真(和紙雑貨×似顔絵×水引のし袋/大竹市×広島市×安芸郡熊野町)
門田栄子(切り絵/岩国市)
Le B+(アクセサリー、和紙小物/岩国市)
*/* ワークショップ */*
しぶくま活版印刷所(活版ワークショップ/岩国市)
音鳴文庫(古本×和紙/島根県柿木村)
紙デコ教室まりまりはうす(ペーパーアート/広島市)
想ゐ鶴(あなたの想いを鶴に乗せて/PiNECoNeS&西念寺)
*/* たべもの */*
UPHILL(甘酒/大竹市)
plus good day(山賊弁当/大竹市)
Sunny day beer(サバサンド・ビール/広島市)
imatokoco(和菓子・抹茶/広島市)
imm coffee(コーヒー・サンド/岩国市)
*/* ライブ & ライブペインティング */*
13:00~
木原朋子(筝奏者/広島市)
白水麻耶子(画家/尾道市)
*/*協賛企業及び店舗、個人一覧*/*
▷企業、店舗
・松井印刷株式会社 様
 http://www.matsui-pr.co.jp/
・谷岡保険事務所 様
・grous ardingly 様
 http://grous-a.com/
▷個人
谷元有美様、垣谷真様、中村ゆかり様、山下なおみ様、他2名
*/*主催、協力*/*
▷主催
PiNECoNeS LLP
https://www.facebook.com/PiNECoNeS20120101/
▷協力
・智海山 西念寺
 https://www.facebook.com/chikaizansainenji/
・ツナギーズ







nice!(0)  コメント(0)