So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ネコメンタリー猫も、杓子(しゃくし)も。 [日々のこと]

8月20日(月)
先週と今週2週に渡って放送されたネコメンタリー毎回楽しみにしています。

・「保坂和志とシロちゃん」
IMG_8742.jpg
予告編を見た時には飼い猫にしては毛が汚れているなと思っていたけれど外猫さんだったのですね。
でも15年もご飯を食べに来ているのに触らせてくれないなんてシロちゃんつれないな。
保坂さんのシロちゃんを呼ぶ声が何とも優しくて二人の良い関係性を垣間見れたような気もしました。
玄関の所に寝る場所も作ってあって、お天気の悪い日や寒い日はこの中に居て欲しいと言う気持ち痛いほど分かりました。
細かにカレンダーに手描きされたシロちゃんへのご飯の内容。
遠くには出かけられないですね保坂さん。
本は残念ながら読んでいませんが保坂さんのファンになりました。
でも保坂さんのお陰でシロちゃんは15年も生きられている。
だけど15年外で生きていくのは過酷だと思う。
私は猫が大好きだけど嫌いな人がいるのも理解できます。
でも命を奪うような行為をするのは嫌いとは別の事と思っています。
外で暮らす猫だって自分で望んでそう言う環境に居るわけではないのだから。

・「柚月裕子とメルとピノ」
IMG_8741.jpg

一昨夜の再放送も見てしまいました。
柚月さんの回は猫たちと言うよりも柚月さんご本人の言葉に吸い寄せられたかもしれません。

「あなたたちは呼んでも来ない。無理やり抱きしめてもするりと腕の中から抜け出していく。寄ってくるのはお腹が空いたり遊んで欲しい時だけ。自由で気高い。どんなときの私にも変わらない瞳でみつめている。」
「自分の存在理由が見当たらず、自己肯定ができず、自分は無価値だと感じ、自分で自分を投げ出しそうになる時でもあなたたちは、私を見捨てない。そんなあなたたちがどれほど救いになっているか、あなたたちにはわからないでしょ。」

「17歳の時に私の中で大きな出来事があって、ずっとそばにいてくれる存在を求めていた。
その頃から笑ったり人に合わせたり苦手だった。自分自身あんまり人と関わらないことになっちゃうのかな?人と関わるとあまり楽しいことなかったからかな?」

「世の中、不条理・不公平・理不尽の塊ですから。だからきっと小説の上ではフェアなものを描きたいと思っちゃうのではないでしょうか。」

「喜び、つらさ、悲しみを表に出せるのが小説。だから書けなくなったら、私という存在でいられなくなる。」

私も小学高学年辺りから人づきあいがとても苦手な時期が長く続きました。
自分から何かをして否定されると面倒だし怖いからなるべく静かにしていたように思います。
石になりたいと思っていたころ。(笑) ある意味、暗黒時代?
それを表面に出していたかどうかはわかりませんけど・・・。

若い頃はやはり生きている範囲が狭いから苦手な人とも付き合わざるを得なかったし、さけて交わして通るすべを知らなかったからしんどかった。
社会に出たら今度は世の中、柚月の言われる不条理・不公平・理不尽の塊に当たりまくりで煮え湯も何度も飲み込みました(笑)。
今は笑い話だけど当時はかなり私の変な正義感がそれを許せなかった時期もあったように思います。
もっと器用に適当に生きれたら楽だなとも思っていました。
でも今は何故だか人と関わらなくてはやっていけない状況にいますので人生摩訶不思議が巡るのだと思っています。
大人になった今はそう言う苦手なモノや人から関わらないように交わすすべを会得したのでしょうか?
なので昔よりは楽になれたような気がします。
だけど私は自分の事を苦手と思っていたり、見下ろしている人を多分スゴク敏感に察知します。
表面的にそんな態度を取っていないようにされても察知してしまいます。
俯瞰からその人をもうひとりの私が宙に浮いてその相手を見てしまいます。(笑)
要は生きるのが不器用なのでしょう。

昨年、放送されたネコメンタリーの特別編。
ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。特別編「村山由佳ともみじ 軽井沢の日々よ 永遠なれ」(仮)。
何故かBSで放送・・・見れないし。
これは昨年予告編から号泣したのを覚えています。
映像も音楽も構成も素晴らしかった。猫の映し方を心得ておられる方だと思いました。
そして子供の頃から猫がずっと家に居た私のネコ人生の中でも、もみじさんは今までに会ったことない最高に愛くるしい猫さまです。
こんなカワイイ猫います???
IMG_8747.jpg
IMG_8746.jpg

もみじさんは、とうとう17歳で天国に行かれましたが昨年放送の短編書下ろしのタイトルのように「いつか同じ場所」で私もうちの猫とも会えるといいなぁと思っています。



nice!(1)  コメント(0) 

大阪の旅 [旅]

7月28日(土)
今日はお店を臨時休業して大阪へ。
広島駅で新幹線を待っていたらまさかのキティ新幹線。
IMG_8257.jpg
IMG_8274.jpg
このキティの前のエヴァンゲリオン新幹線も狙っていたわけでもないのですがいつも大体同じ時間に乗るので結構な頻度でエヴァンゲリオン新幹線に乗ってました。
一日に一往復しかないらしいですね。

今回お得チケットで久しぶりの自由席だったのと夏休みで更にまさかのキティ新幹線で座れるのかどうかが一番の心配でしたが案外座れました(笑)。
一号車が展示スペースで2号車がラッビングされた車両でしたが良くわからず2号車から乗り込んだので写真を早々に撮ろうとする乗客に若干イライラしながら進むと何とか席を確保できました。
走り出してから撮影してほしい(笑)。
私も含め何も知らずに乗り合わせたサラリーマンの方とかはちょっと・・・って感じかもですが子供もキティファンらしきピンクな女性たちも撮影に余念がありませんでした。
まだ走り出して間がないのでとてもきれいな状態でしたよ。
IMG_8268.jpg
IMG_8267.jpg
IMG_8266.jpg
IMG_8265.jpg

以前のエヴァンゲリオン新幹線は1号車は予約がないと入れなかったけれどキティは大丈夫です!
おつかいのむさしのお弁当も忘れずに。
IMG_8259.jpg

夜長堂さんで開催中のにしおゆきさんの個展「よるのおるがん社」にお邪魔してきました。
IMG_8311.jpg
IMG_8284.jpg
IMG_8289.jpg

整理券は残念ながら並べなかったけれど待っている途中で気になっていた猫又さんがまだいると分かってハラハラ。
何とか一匹私の手元に。

夜長堂さんもにしおゆきさんも最初の白島のお店の時からお取り扱いをさせて頂いているので長いお付き合いと言う事でもあるのかもしれません。
今回の「よるのおるがん社」は今までにないお題でSNSに投稿される作品たちは血があったりしていて、どんな反応が出るのかなと私もどう感じるのかなと楽しみでもありました。
夜長堂さんで順番待ちで並んでいるときもお客様の声も様々でした。
実際のにんぎょうたちは、にしおさんの感じる怖さなのでしょうか?
個人の感想ですが静寂の中にいるにんぎょうたちと言う印象でした。月のひかりが似合う感じ。
物語が聞こえてきそうなそんな印象でした。
もっと血みどろ的なことを想像していたけれど(笑)。

肝だめし人形みくじも引きました。
IMG_8312.jpg
不気味カードでした。
裏には目が入ってます。
お邪魔しました。ありがとうございました。

夜長堂さんを後にして幾つか教えてもらっていたかき氷の美味しいお店リストの中から今回はと思ったお店に向かいます。
駅に向かう途中、気になるモノたちをパチリ。
IMG_8315.jpg
IMG_8313.jpg
IMG_8314.jpg

レトロな商店街の中にある「ひだまり菓子店」さん。
IMG_8316.jpg
小さな可愛らしいお店です。外に待っている方もいて私も並びました。
席も沢山は無さそうだからじっと待つしかない。
インスタで見ていた「桃ミルク」と「マンゴーミルク」かで迷っています!
が!!!やはり今回は「桃ミルク」で!
IMG_8317.jpg
思っていたより小ぶりだったけれどよくよく考えたらこれ以上大きくては食べきれないかもね。
杏仁豆腐も乗っていてプルプルしてました。
ねっとりした練乳味?の氷も最高でした。
振り返った時に見えたスコーンがこれまた美味しそうで次回はスコーンも。
でもケーキも魅惑的でした。いっぱい食べれるなら食べたい感じでしたよ。
こじんまりした店内でお一人でやられているようでお忙しそうでした。
またリベンジします!

梅田辺りに戻ると風が強くなっていて電車が止まるんじゃないかとアナウンスも流れ、少し早めに新大阪駅へ。
一本早めて新幹線に乗りました。
帰りはのぞみだったのでアイスあり。
でもあっという間に広島に着いちゃうので急いで!
IMG_8318.jpg

暑かったけれど盛り沢山だったような?大阪日帰りでした。
後日届いた「猫又」さん。
IMG_8708[1].jpg
良い目をしておられます。

秋には私も楽しみにしていることがウフフ。


nice!(1)  コメント(0) 

岡山の旅 [旅]

7月25日(水)
定休日の水曜日は岡山へ文房具の展示会に行って来ました。
IMG_8142.jpg
岡山の予想気温38℃の未知の気温にドキドキしていましたが想像が上を行き過ぎていたのかそんなに気温も上がらず過ごせたような気がします。
でも暑いのは暑かった。
日頃は外に出ないようにして日を浴びないを鉄則に過ごしている私は今日かなりの日を浴びています。
展示会場に思いのほか居たので時間が押し気味。
岡山駅前郵便局に向かいました。わかりやすい場所の郵便局好き。
商店街の入口に桃の飾りがあり頭の中は桃が食べたいの一色に。
IMG_8168.jpg

岡山駅前郵便局の風景印の図案は、桃太郎像、岡山城、カリヨン。
IMG_8167.jpg

マンホールも桃太郎。
IMG_8169.jpg

倉敷に移動。
IMG_8173.jpg
この春に広島から岡山に引っ越しされた仏像エコバッグ姉妹(姉)さんと待ち合わせ。
暑いからと思ってアチブランチさんの店内でと待ち合わせしたのですが私が到着すると仏像エコバッグ姉妹(姉)さんが外にいらっしゃる?
中で待っててもらえばかったなぁと思ったら何とアチブランチさん夏休み!!!
IMG_8175.jpg
IMG_8172.jpg
リサーチ不足・・・私としたことが・・・ガラガラくじがあるから休みとは思ってなかった。
失礼しました・・・。

暑いので近くのカフェで念願の桃のパフェを食べました。
IMG_8174.jpg
大満足!
久しぶりに色々とお喋り出来て楽しかったです。
仏像エコバッグ姉妹さんとも最初の白島のお店からのお付き合いで更に袋町・白島のお店の内装準備をお手伝い頂いた恩人の方でもあります。

倉敷の美観地区辺りは今回の豪雨被害で観光客の方がかなり減っているとのことでした。
入ったカフェも最初は少なかったけれど、あれよあれよという間にいっぱいに。
IMG_8162.jpg

新幹線の時間も気になりつつでしたが最後に蟲文庫さんへ。
その手前で黒猫さんに出会う。こんにちは。
IMG_8157.jpg
猫の本を一冊連れて帰りました。
IMG_8164.jpg
帰り際に少しだけお話しましたが新幹線の時間が迫っていてバタバタとお店を出ることに。
京都のお土産を頂きました。新幹線の中で早くもパクリ。
IMG_8170.jpg
蟲文庫さんはお店を始められて25年になられるそうです。
まだまだうちなんて半分にも満たないですね。

倉敷駅で調べていた電車に乗ろうとしたら掲示板にない・・・汗。
あわてて次の電車で間に合うのかどうなのか駅員さんに聞くも???
結局間に合う事は分かったのですが毎回毎回こんな事態に陥る私です。

仏像エコバッグ姉妹(姉)さん今度はゆっくり来たいと思います(笑)。
結局いつもドタバタで失礼しました。



nice!(0)  コメント(2)